このページの本文へ移動

富士通エフサス

 

Japan

FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止

今の勤怠管理システムで、不必要な残業を抑止できてますか?

IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止なら不必要な残業を抑止できます!
                例えば、出退勤打刻とパソコン使用制限を連動させ、申請のない残業を抑止
                出勤 Click! パソコンへのログオンが可能
                退勤 Click! 強制的にログオフ、シャットダウン

サービス内容を動画でご紹介します(3分47秒)

短納期低コスト IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止へのお問い合わせ(資料請求・お見積りなど)はこちら

IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止の導入効果

1.無駄な残業の抑止
申請のない残業をなくし、就労管理の適正化へ。
2.コンプライアンスの徹底
サービス残業がなくなり、企業イメージもアップ。
3.ワークライフバランスの最適化
不必要な残業を抑止して効率的な働き方へワークスタイルを変革。

導入効果①:無駄な残業の抑止

勤怠管理システムと連携し、従業員のパソコン利用を制御
申請のない残業を抑止し、就労管理の適正化を図るとともに、残業に関わる人的コストを削減できます。

現状のヒアリングから詳細なシミュレーションをご提示します。

短納期低コスト IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止へのお問い合わせ(資料請求・お見積りなど)はこちら

導入効果②:コンプライアンスの徹底

サービス残業(賃金不払残業)は法律で禁じられており、近年、問題視されています。発覚した場合は過去に遡及して、
多額の未払残業代(割増賃金)を支払う必要があります。

IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止導入により、出退勤の打刻操作と連動させ、サービス残業の抑止が可能!
PC利用時間・業務内容を「見える化」し、不必要な残業も抑止!

始業

①パソコン利用を制御
勤怠管理システムと連携し、
就業時間内のみパソコンの使用が可能。
勤務時間以外でのパソコン利用を制御できます。

画像

終業

②定時退社促進メッセージ
定時退社を促すメッセージをポップアップ表示。
帰りやすい環境づくりを促進できます。 ※一人一人の就業時間に合わせた運用や、
強制的にパソコンを使用不可能にすることも可能。

画像

残業

③残業申請・残業承認
残業が必要な場合は残業申請画面にて、
予定残業時間、残業理由を上司へ申請。
上司の承認により、パソコン利用が可能に。
部下の勤務内容を把握でき、不必要な残業を抑止できます。

画像

申請時間外

④予実を監視、PCへ警告表示
申請時間外のパソコン利用に対して、
利用時間の予実を監視し、警告を表示。
⇒5分~数分おきの表示設定が可能
⇒一定時間経過後に、強制的にシャットダウン
 ログオフさせることも可能

画像

パソコンの制御・承認方法の設定

事前承認~事後承認まで、業務実態に即した設定が可能です。
強制力を強めるほど、サービス残業の抑止効果だけでなく、コスト削減の効果を期待できます。

【コスト削減効果とPC設定レベル】
残業コスト削減効果 PC設定レベル 業務実態に即した設定が可能です。
低 利便性重視 “事後”承認型によるPC利用許可
高 管理性重視 “事前”承認型によるPC利用許可未承認時の強制シャットダウン

就労に関する動向 :厚生労働省の施策

① 時間外労働の割増賃金率を引き上げ。

改正労働基準法(2008年12月12日公布、2010年4月1日施行)
60時間/月を超える時間外労働 : 法定割増賃金率25%⇒50%に※深夜労働の場合、75%以上

② サービス残業発覚で最大2年前まで遡り、清算となるケースも。

労働基準監督署の臨検や出頭検査で、サービス残業(賃金不払残業)が発覚した場合、
過去に遡及して多額の未払残業代(割増賃金)を支払わなければなりません。 ※最大で時効となる2年前まで遡って未払いの残業代を清算するケースあり。

  • 2013年度是正支払金額123億円のうち、1000万円以上は約71%(総額87億円)
  • 1企業での最高支払額は4.6億円(その他事業)、次いで4.5億円(小売業)の順。(厚生労働省HPより)

コンプライアンスの徹底で未払い残業代支払いのリスクを回避できます

短納期低コスト IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止へのお問い合わせ(資料請求・お見積りなど)はこちら

導入効果③:ワークライフバランス

政府の取り組みとして
「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」が策定され、その重要性が叫ばれています。

従業員の残業を抑止 時間への意識が高まる 業務効率を改善する動き ワークライフバランスの最適化

画像

IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止の導入により、
従業員の残業抑止が可能となるだけでなく、
時間に対する意識を高め、業務効率の改善を
促進する効果も期待できます。

今、不必要な残業を抑止することは「コストダウン」だけでなく、
「コンプライアンスの徹底」、「ワークライフバランスの最適化」など、
企業のあり方を変えるきっかけとなります。

従業員がイキイキと働けるワークライフバランスの最適化を実現します。

短納期低コスト IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止へのお問い合わせ(資料請求・お見積りなど)はこちら

富士通エフサスの「製品&サービス」についてはこちら