不要な残業を抑えてコスト削減

TIME CREATOR[タイムクリエイター]

誰でもかんたん、すぐに使える操作性。最短1ヶ月でスピーディに導入できる。様々な勤怠管理システムと連携可能。
誰でもかんたん、すぐに使える操作性。最短1ヶ月でスピーディに導入できる。様々な勤怠管理システムと連携可能。
1ライセンス月額500円〜 [税抜]

期間限定49%OFF。TIME CREATOR SaaS版 今だけ特価キャンペーン。キャンペーン期間 2020年3月31日まで。詳しくはこちら。

残業を削減できる
3つのポイントとは?

  • POINT
    01

    管理職が
    残業内容を把握・管理

    従業員の業務状況を把握することで、組織マネジメントを強化することができます。

  • POINT
    02

    残業承認制の
    仕組みづくり

    残業申請・承認を制度化することにより、管理職と従業員のコミュニケーションを促進します。

  • POINT
    03

    従業員の
    時間に対する意識が変わる

    従業員一人ひとりが時間を意識することで業務を見直すきっかけとなり、生産性向上につながります。

TIME CREATOR(タイムクリエイター)の機能なら業務を効率化し、
働き方を見える化

  • 勤務時間外になると、
    PC画面の8割を占める警告画面が表示

    業務終了時刻になると警告画面を表示し、パソコンの利用を制限します。強制的にパソコンをシャットダウンすることも可能です。

    もっと詳しく見る

  • 残業するには管理職への申請と承認が必要なため、
    コミュニケーションが活性化

    業務を続けたい場合は管理職への申請と承認が必要なため、残業申請のたびに2人で話し合い、無理のない仕事の進め方を相談することができます。

    もっと詳しく見る

  • テレワークを含め、
    従業員がいつどんな業務をしているか一目瞭然

    就業時間におけるパソコン使用状況をグラフ化することで、従業員がいつどんな業務をしていたかが分かります。

    もっと詳しく見る

  • 従業員の負荷の偏りを改善し、
    残業ゼロを目指すことも可能

    従業員の業務状況を把握できるため、負荷の偏りを改善することができ、チーム全体での効率的な働き方を実現できます。

    もっと詳しく見る

  • 自身の働き方を見直す機会が生まれ、
    従業員の時間に対する意識が変わる

    従業員自身も業務内容をグラフで確認できるので、自身の働き方を見直す機会が生まれ、就業時間を意識するようになります。

    ※働き方可視化オプションは、パッケージ版のみのオプション

    もっと詳しく見る

ご参考価格※50IDの場合(ID数によって金額は異なります)

  • パッケージ版(オンプレミス)

    基本ライセンス

    659,900円〜[税抜]

    既存システムとの連携、カスタマイズ可能
    従業員の作業内容を可視化(オプション)

    • ※ 別途インフラ準備費用、作業費用等が必要となります。
    • ※ メディアパック、プログラムサポート付(年額)
    • ※ 詳細は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
  • SaaS版(クラウド)

    基本ライセンス

    月額25,000[税抜]

    管理サーバーの構築不要
    早期に利用開始可能

    • ※ 上記価格は特価キャンペーン適用価格です。
      2020年3月31日までの期間限定となります。
    • ※ プログラムサポート付
    • ※ ECサイト「FSAS Portal for cloud」なら、最短8営業日でのご提供が可能です。
    • ※ 詳細は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

残業の削減は、導入コスト以上の大幅なコストダウンに!

期間限定49%OFF。TIME CREATOR SaaS版 今だけ特価キャンペーン。キャンペーン期間 2020年3月31日まで。詳しくはこちら。

導入実績 200社以上、残業削減率最大27%

TIME CREATOR[タイムクリエイター]が選ばれる理由

  • 勤務時間外の
    PC強制シャットダウン

    勤務時間外のPC利用をポップアップ表示でお知らせ。また勤務時間外の利用は、強制シャットダウン・ログオフすることもできます。

  • テレワーク時の労働時間の適正な管理

    「労働時間を適正に管理できるか?」「業務内容を把握できないのでは?」といったテレワーク導入の悩みを解決し、テレワーカーの働きすぎ防止や業務の効率化を支援します。

  • 様々な勤怠管理システムと
    連携可能

    既存の勤怠管理システムから、ユーザー情報や勤怠情報をCSV形式で出力する ことができれば、そのCSVファイルを取り込み、連携することができます。

    ※パッケージ版のみ

TIME CREATOR[タイムクリエイター]は、厚生労働省「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」に対応しています!
※ 厚生労働省のサイトへリンクします。

パソコンのログオン・ログオフ時刻を個人単位でログとして記録し、確認することが可能です

このページの先頭へ