ホワイトペーパー

テレワーク導入への期待と不安働き方改革を妨げる原因とは?

「テレワークの必要性は理解しているが、果たしてウチの会社にとってほんとうにメリットがあるのだろうか……」
そんなテレワークをめぐる期待と不安への答えをわかりやすくまとめました。

資料の中身を一部ご紹介

テレワークを導入する企業が増えているのはなぜ?
およそ4社に1社が「導入」もしくは「検討中」。
その主な狙いは「生産性の向上」と「人材の確保・育成」です。

若い世代ほどテレワークへの利用意欲が高い

はじめにわが国におけるテレワークの現状を把握しておきましょう。テレワークを導入する企業は増加の傾向にあり、2018年の調査によると19.1%[グラフ1]となっています。また、「導入の予定がある」という企業と合わせると26.3%となり、およそ4社に1社が導入もしくは検討中という高い割合になっています。毎年夏に実施される「テレワーク・デイズ」の活動も年々拡大しており、2018年には1,682団体、延べ30万人以上が参加しました。
企業ばかりでなく、利用する社員においてもテレワークへの関心は高く、「積極的に利用したい」と「利用してみたい」を合わせた前向きの回答が20代では51.7%に達しています。[グラフ2]この調査では若い世代ほど利用への意欲が高く、これも大きなポイントといえるでしょう。

続きはこちらから

働き方改革関連法の施行に伴い、テレワークの導入を検討されている方、または導入したものの問題・課題を抱えている方にとって役立つ情報を掲載しています。

このページの先頭へ